category: TELEPHONE EXPLOSION

NEW FRIES 'IS THE IDEA OF US' LP
2020年10月20日
new_fries.png
  
=BACK IN= カナダはトロントは才能あるミュージシャンたちが自由に存在するが、その自由というやつが厄介で、しかし彼らのセンスと立ち位置いったら。女性2人、男性1人となったバンドNEW FRIESによるポスト・パンクによるパンクとフロアのバランス感覚の良さ。パンクあがりのポスト・パンク・バンドによるフロア狙いはハット連発のやりすぎ感が可愛くなってしまうのは全世界共通でいながら彼らはTHIS HEAT的アングラ・クラウト・インダストリアルへ向かいながらも前述のバランス感の良さでネオ感を出せているのは少しCLACK CLOUDとも通じ、しかし冷静さにおいては彼らの方が上とさえ思う、何処かのタイミングで大きく爆発しそうな予感も得る全13曲。Telephone Explosionからというのもさらに。
label:TELEPHONE EXPLOSION
price:¥3790(税抜/)

quantity:
BADGE EPOQUE ENSEMBLE 'NATURE, MAN & WOMAN' LP
2019年12月24日
nature_man_woman.png
  
DFA RecordsがサインしていたSLIM TWIGのMAXIMILLIAN "TWIG" TURNBULL、彼はU.S. GIRLS及びFUCKED UPのBEN COOKそしてDIRTY BIEACHESのAlex周辺、そんな彼がトロントのハード・ロック・バンドBLOOD CEREMONYのAlia O'Brien嬢と組んだ新たなる楽団BADGE EPOQUE ENSEMBLE、2019年限定ミニ・アルバム。これがVANITHING TWINへ完璧対抗するフルートやパーカッションをフィーチャーしSTEREOLABをDFA入りさせてイタリアン・サウンド・トラックを2010年代のインディを通過しサイケデリック・ジャズ・ロックしたかのごとくの街で鳴っていたら死ぬキラー。
label:TELEPHONE EXPLOSION
price:¥3690(税抜/)

quantity:
BOB BELL 'NECROPOLIS' LP
2019年5月11日
bob_bell.png
  
TY SEGALLや最近ではDELILUHなどガレージ・パンク系を中心にリリースしながらもBRUCE HAACK系アンビエントにCHANDRAなどレア・ポストパンクのリイシューも活発なカナダのTelephone Explosionまたしてもヤバイリリース。カナダの地下男BOB BELLが78年に自主版でリリースしメガレアとなっていたオブスキュア・ジャズ・ロック・アルバム。確かにこのレーベルのそれぞれのリリース趣味を全部ごちゃ混ぜにしたようなセンスはあったのにも関わらずというかだからこそ同じ趣味の友に出会えなかった孤独男が地下で一人フリージャズをサイケ未満のガレージロックしてしまった現在であれば変態レーベルEver/Neverがリリースしたのは間違いないこれはと思う元祖アヴァン・アンダーグラウンド当たり盤。
label:TELEPHONE EXPLOSION
price:¥3890(税抜/)

quantity:

新入荷はこちら