category: MUTE

DANIEL BLUMBERG AND HEBRONIX 'LIV' LP
2019年3月13日
liv.png
  
2018年、素晴らしいアルバムを届けてくれたDANIEL BLUMBERG。そう、00年代UKインディ・ムーブメントの中に於いて人気絶頂だったCAJUN DANCE PARTYを解散させYUCKを結成しまた絶頂時に脱退した後、DANIEL IN THE LION'S DEN、OUPA、HEBRONIXのソロ名義を経てここにたどり着いた彼。こことは孤高。本作はそのアルバム「Minus」とは別にレコーディングされていた未発表アルバム。フォードバックギターで幕を開け弦楽器が乱れるロングトラックから幕をあけるまるでPola Xのサウンドトラックのような、それはやはり北欧の00'sインダストリアルや才能溢れるTOM YORKがどれだけあがいても届かない場所で鳴っている全5曲。限定600枚。
label:MUTE ARTISTS LTD.
price:¥3990(税抜/)

quantity:
YANN TIERSEN 'ALL' 2LP
2019年2月19日
yann-tiersen.png
  
2001年ジャン=ピエール・ジュネの映画『アメリ』のサウンドトラックを手がけ一躍世界から注目される作曲家となったフランスの音楽家YANN TIERSENによる2019年アルバム。
label:MUTE
price:¥4490(税抜/)

quantity:
LAIBACH 'THE SOUND OF MUSIC' LP
2019年2月 9日
laibach.png
  
=BACK IN= LTD. GOLD COLORED VINYL EDITION- 1980年ユーゴスラビア、現スロベニアのトルボヴリェ結成、LAIBACH。間も無く結成40年。しかし彼(ら)以上に未だ時代の先端を行ってしまっているバンドが存在するのであろうか。2015年、欧米のロックバンドとして初となる北朝鮮平壌で行ったライブの体験を元に制作されたこの2018年アルバム。そして彼らはやってしまった。"The Sound of Music", "My Favorite Things"など欧米の子供も大人も口ずさむ名曲群を欧米の子供も大人も怯えるあのヴォーカルとネオ・インダストリアルから3周まわった最先端ソフト・ポップ・アレンジにて北朝鮮の子供たちに強制リッスン。幼心に彼らはこう思ったであろう。「民主主義は民主主義でめちゃ怖いじゃん...」なんの目的なのか。救うどころか彼らに新たなるトラウマを与えて帰ってきた、とんでもないアート主義の男は頭巾をかぶるミラン・フラス。彼は自由主義にどっぷり浸かった居心地の悪さを理由に平和を主張してみる君のとんでもない先の価値観で生きているのだ。彼こそ真の平和主義だ。金正恩に見つかったら即拉致のジャケだけでそれがわかるであろう。怖い。限定ゴールド・ヴァイナル盤。
label:MUTE
price:¥3790(税抜/)

quantity:
MARK STEWART AND THE MAFFIA 'LEARNING TO COPE WITH COWARDICE / THE LOST TAPES (DEFINITIVE EDITION)' 2LP
2019年1月25日
lost_tape.png
  
POP GROUPのMARK STEWARTが1983年に発表した名作1st「Learning To Cope With Cowardice」にと新たに発掘された全10曲収録の未発表曲集「The Lost Tapes」をヴァイナル化しセットした2枚組。「The Lost Tapes」の方が1985年に発表されたベスト盤にほぼ一緒ですが内容は全く違います。The Lost Tapes:01. Intro 02. May I 03. Conspiracy 04. Jerusalem [prototype] 05. Paranoia 06. Liberty Dub 07. Vision 08. Cowardice Dub 09. High Ideals & Crazy Dub 10. The Weight
label:MUTE
price:¥4090(税抜/)

quantity:

新入荷はこちら