「JOANNE ROBERTSON」と一致するもの

MICA LEVI 'BLUE ALIBI' LP
2021年5月21日
mica_levi_blue_alibi.png
  
元HYPE WILLIAMSのINGA COPELANDことLOLINAと並び2010年代のロンドンが生んだ二大女性アーティストはMICACHUことMICA LEVIであり、もっと彼女が圧倒的な存在であるということを我々は確認しなければならない。MICACHU名義にてRough Tradeからデビューしながらそのアート化とアンダーグラウンド化は進みWarpのKWES.やOLIVER COATESそしてHYPE WILLIAMSのもう一人DEAN BLUNTとの共演作品を発表しながら自身のバンドGOOD SAD HAPPY BADにてギター・バンド・アルバムを発表しさらにDominoのTIRZAHをサポート。さらに自身が手がけたスカーレット・ヨハンソン主演の映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」のサウンド・トラックがヨーロピアン・フィルム・アワーズにて最優秀作曲賞を受賞し続いてナタリー・ポートマン主演映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』なども手掛けハリウッドの人にもなってしまう彼女が突如2020年の12月のコロナ禍に発表したカセット作品「Ruff Dog」に続き2021年1月に発表されたカセット作品「Blue Alibi」が同じくヴァイナル化。アヴァンギターのステップで幕をあけると変態には近寄るなブラックメタル・バラッド、DEAN BLUNTの横でうたた寝するJOANNE ROBERTSONの寝言に合わせてYUNG LEANが合わせたアシッド・ゴス・フォーク・アルバムのような(それがなによりこの人はポスト・パンクであるところが素晴らしい)と思えばYUNG LEANことJONATAN LEANDOERはじめTIRZAH作品にも参加するご存じCOBY SEYとMICACHU名義と共演盤をリリースしていたBROTHER MAY、そして新人RELAX KEVINといった仲間たちをフィーチャーしたアートを超えたロック・アルバム、全11曲。自主制作盤、大幅ショートしての入荷です。
label:NOT ON LABEL
price:3690(税込)

quantity:
1

JUSTIN-BANNER-2020.jpg