KEVIN MORBY 'A NIGHT AT THE LITTLE LOS ANGELES ' (SUNDOWNER 4-TRACK DEMOS)'' LP
2021年10月12日
kevin_morby_a_night_at_the_little_los_angels.png
   
-LTD. SILVER METALLIC VINYL- 友は言った。君はナイーブな人だから。実際そのトーンは慰め以上の愛を秘めていた。自惚れでなくそう感じた理由は第一に私は彼をずっと信じている。そして彼も私のことをもっとも信じそして一番に考えてくれている。先週のある夕暮れ時、偶然に街で私の母と会った彼はそのまま母の世間話に付き合い私との待ち合わせに45分も遅れたほどだ。私はもちろん彼が遅刻したことに腹を立て躊躇なくその怒りを彼にぶつけた。彼はひたすら私に謝りそしてその晩は彼のおごりとなった。私は上機嫌で飲んだ。底無しのんべいである私のおかげで彼は翌日帰省するために持ち合わせた電車賃まで使い果たし、早朝から実家のある上野原まで徒歩で向かったらしい。さすがにその話は同僚から後日聞いたが、なんだか私が悪いようではないかとまた腹が立った。第一なぜ彼は電車賃まで使い果たすのか。それは彼のいやらしい見栄から生まれた行為であり、なのにまるで私が彼のなけなしの金を使い果たしたかのように同僚にまで吹聴している。この辱めを私は許せなかった。あのような男は油断ならない。私の母と偶然街で会ったということも怪しい話だ。母は80を過ぎ真偽の判断もつかないような人間であるし、もし彼女が私の母でないとしたら私なら騙しても当然と思う。彼もそうやって彼女に近づき一体なにを思ったのか。80の女と45分も世間話など普通の人間できるわけがないし私を待たせることより重要なはずはない。いや待てよ。彼が私におごったあの金は母から巻き上げたものではなかろうか。であるとしたら私はあの晩私の金同然な金で飲みそれどころか彼もビールを3杯は飲んでいたのだからそれは当然私の奢りである。であるのに私をまるで泥棒乞食のように言いふらし、あの野郎。さすがの私も私の唯一の友を信じられなくなった。ところで彼のガールフレンドは今晩の演劇がどうのと半裸のまま私のベッドに寝そべり話しかけてくるのだが、そうか今晩はこの女と一緒に隣町の劇場へ行く予定らしい。私は他人が他人を演じるものほど不気味で嫌らしいものはないと思う人間であり、それが今晩はボーイフレンドが私の唯一の友だという女のために劇場へ向かわなければいけない。女性という生き物は歌の中でしか愛せない生き物だというが本当だと思う。もう少し私に気を使って欲しい。私はナイーブな人間である。私の唯一の友もそう言うのだから間違いない。
artist:KEVIN MORBY
title:A NIGHT AT THE LITTLE LOS ANGELES ' (SUNDOWNER 4-TRACK DEMOS)'
form:LP
label:DEAD OCEANS
from:USA


price: ¥3290(税込)


quantity:

   

JUSTIN-BANNER-2020.jpg